乳酸菌の効果について

乳酸菌は健康にいい、腸を整える、免疫力にも関係してる…いろいろな乳酸菌の効果や働きをプチリサーチ。

注目エントリー【乳酸菌の効果】

乳酸菌の効果

ウイルスや細菌は私たちにとって有害な存在と考えられがちです。

しかし大腸を中心とした消化管の中に棲む腸内細菌は

大腸菌やブドウ球菌のような有害なものがある一方、

乳酸菌などの有益なものもあるのです。

有害な腸内細菌は悪玉菌、有益な腸内細菌は善玉菌と呼ばれています。

このほか、通常の状態では何の影響も与えないが、

条件が変わると良い方にも悪い方にも働く「日和見菌」と呼ばれる細菌も多数います。

 

私たちの腸の中では100種100兆個もの大量の腸内細菌が

食べ物のカスや老廃物などを発酵・腐敗させながら繁殖しています。

顕微鏡でのぞくとあちこちに花々が群生しているように腸内細菌が繁殖し、

まるで花畑・花むらのような状態に見えます。

そんなところから腸内フローラ(腸内菌叢)と言われています。

腸内フローラの状態は、体の不調や精神的ストレス・食生活の変化などによって変わります。

腸内フローラのバランスが崩れ、有害な毒素を作る細菌が増加すると、

下痢や便秘が起こり、ガンや生活習慣病に繋がると言われています。

 

腸内フローラの状態を改善し、私たちの健康に有益な作用をもたらすのが善玉菌です。

大きさはせいぜい数ミクロン程度の乳酸菌が善玉菌の中心的な役割を担っています。

乳酸菌はオリゴ糖や乳糖を分解して乳酸や酢酸を生産し、

有害菌の増殖を抑え、腸の機能アップに貢献します。

腸内を乳酸菌のような善玉菌の多い状態に保つのが健康のポイントです。

 

タンパク質が腸内でウエルッシュ菌などの悪玉菌に分解されると

アンモニア・アミン・インドール・硫化水素などの深い毒素が生成します。

これが体内に吸収されて・便秘・下痢・高血圧・ガン・老化促進の原因となります。

また、肝臓に大きな負担をかけ肝臓病の原因となります。

乳酸菌はこの毒素の生成を防ぎます。

今や日本では、3人に1人がガンで亡くなる時代です。

近年、高タンパク・高脂肪食といった食生活の欧米化に伴い

大腸ガン(結腸ガン・直腸ガン)が増加の一途をたどっています。

タンパク質が腸で消化されるとき悪玉菌の働きによってアミンが生まれ、

発ガン物質のニトロサアミンの原料となります。

同じように、脂肪は腸内細菌によって消化されたあとには

発ガンを促進する作用のある物質が残ります。

しかし、乳酸菌はこうした有害物質を吸着し、排出する働きが知られています。

 

善玉菌を活発にする食品は味噌・醤油・納豆・糠漬けなど和食の中に多くみられます。

伝統的日本食の中には優れた発酵食品があります。

赤ちゃんは出来るだけ母乳で育てることも大切なことです。

善玉菌の働きを良くするためにはお腹を冷やさないよう気を付けましょう。


IT用語