トップ > 口臭と乳酸菌 > 口臭と乳酸菌

口臭と乳酸菌

乳酸菌の力を使って、歯周病をやっつけるというオーラルケアがあります。
といっても、ヨーグルトに入っている乳酸菌とはちょっと違います。

「LS1」という乳酸菌が注目されているのです。

そして、この乳酸菌LS1は口臭予防にも効果があるという結果も出ています。



これはもとから健康な人の口の中にいた細菌なのだそうで、
口の中での活動度が高いという性質に注目されたわけです。

またLS1という乳酸菌は、歯周病に対する高い殺菌効果があります。

実験でも、LS1を添加して歯周病菌を培養したところ、
24時間後には、ほぼ死滅していた、という結果が出ています。

また、このLS1は「乳酸」に対して弱い、という性質を持っているのだそうです。

これはどういうことかと言いますと、一般的に、乳酸菌は糖類を栄養分にして乳酸を作ります。
「酸」という字のとおり、乳酸は酸性です。

乳酸に耐性がありますと、乳酸をたくさん作り続けてしまうので、
歯周病の代わりに、虫歯になりやすいお口の中になってしまいます。

虫歯の原因になっている「ミュータンス菌」はこういった性質を持っているので、
口の中を酸性に傾けて、虫歯にとって都合の良い環境にしてしまっていたのです。

LS1も乳酸菌なので、糖分を栄養として乳酸は作ります。

しかし、乳酸に対して、耐性が弱いために、自分で作った乳酸が一定以上になると
自滅してしまうのだそうです。

その結果、口の中が酸性の状態になることなく、悪い細菌をやっつけてくれますので、
結果、歯周病や虫歯の予防、そして、悪い細菌が減っていくので口臭も減っていくのです。

発売されたのは乳酸菌LS1の錠剤です。

使用法はいたって簡単で、毎食後に1錠、トローチのように舐めるだけです。

1ヶ月~3ヶ月くらい続けることで、お口の中の細菌層が変わってくるのだそうです。

もちろん、これを舐めていればすべてOKというわけではありません。

やっぱり、歯周病を予防するには機械的なコントロールがもっとも有効だからです。

ブラッシングや、医院でのお口の中のコントロールに加えて、
プロバイオティクスを利用した生物的コントロールを合わせることで、

より効果的にお口の中のケアが行えるようになったのです。

販売サイトはこちら→御礼★2010ショップオブザイヤー★【ランキング入賞商品】【乳酸菌含有食品】ライオン乳酸菌【L...


……この記事の全文をみる

口臭と乳酸菌
口臭を乳酸菌で防ぐ、あるいは予防するということが注目されています。

前の記事 | 次の記事

【関連コンテンツ抜粋】
●L-92乳酸菌とはラクトバチルス・アシドフィルスL-92株が正式名称。アレルギーとの関係が注目されています。・・・    ●アレルギー性鼻炎に対する代替医療として乳酸菌が注目されています。・・・    ●キムチと乳酸菌は実は深い関わりがあります。・・・    ●サントリーが乳酸菌サプリを開発して話題になっています。・・・    ●チーズは牛乳を原料にし、乳酸菌などの菌の働きによって作られます。・・・    ●プロテクト乳酸菌とよばれる乳酸菌がいます。細胞壁が厚いのが特徴。・・・    ●ラクチュアはカルピス社が開発した乳酸菌化粧品。・・・    ●乳酸菌の働きを利用した化粧品が注目を浴びています。・・・    ●乳酸菌の働きを利用した化粧水が各社から発売されています。・・・    ●乳酸菌とアレルギーの関係についての研究がすすんでいます。・・・    ●乳酸菌と免疫力には深い関わりがあります。・・・    ●乳酸菌の肌に対する作用が注目されています。・・・    ●乳酸菌は健康にいい、腸を整える、免疫力にも関係してる…いろいろな乳酸菌の効果や働きをプチリサーチ。・・・    ●乳酸菌の画像を見るとその種類によって形状が違うことがわかります。 ・・・    ●口臭を乳酸菌で防ぐ、あるいは予防するということが注目されています。・・・    ●大豆乳酸菌と呼ばれる乳酸菌が話題です。・・・    ●新谷弘美博士が開発した乳酸菌を新谷乳酸菌と呼びます。・・・    ●明治乳業がそのノウハウを活かし乳酸菌サプリメントを開発。・・・    ●乳酸菌というと乳製品を思い浮かべますが漬物の乳酸菌もあなどれません。・・・    ●野菜由来の植物性乳酸菌が話題です。・・・   
IT用語