乳酸菌情報局:トップ > 乳酸菌とアレルギー
乳酸菌とアレルギーの関係についての研究がすすんでいます。

乳酸菌とアレルギー

アトピー性皮膚炎・ぜんそくなどのアレルギー疾患は

食べ物が原因で起きる場合が多くあります。

また食物アレルギーには腸壁の荒れが大きく関係していることが分かっています。

乳酸菌は腸壁を修復する。成分と環境を提供してくれます。

 

アレルギー症状が起きている人の血液を調べると、健康な人と比べて、

Th2細胞と関連が深いIgE抗体という物質の血中濃度が濃くなっていることがわかりました。

Th2細胞の割合が増えると、花粉やダニなどに接触したとき、

くしゃみやせき、発疹などのさまざまなアレルギー反応が誘発されます。

ですから、このTh1細胞とTh2細胞のバランスを正常な状態に改善すれば、

アレルギーの症状も改善出来ると考えられます。

 

マウスを使った実験においては、乳酸菌KW3110株を与えると、

血液中のIgE抗体の上昇が抑えられ、Th1細胞、Th2細胞のバランスが改善すること、

マウスに人工的に起こさせたアトピー性皮膚炎や

花粉症の症状が緩和することが示されています。

IT用語