乳酸菌情報局:トップ > 口臭と乳酸菌
口臭を乳酸菌で防ぐ、あるいは予防するということが注目されています。

口臭と乳酸菌

乳酸菌の力を使って、歯周病をやっつけるというオーラルケアがあります。
といっても、ヨーグルトに入っている乳酸菌とはちょっと違います。

「LS1」という乳酸菌が注目されているのです。

そして、この乳酸菌LS1は口臭予防にも効果があるという結果も出ています。



これはもとから健康な人の口の中にいた細菌なのだそうで、
口の中での活動度が高いという性質に注目されたわけです。

またLS1という乳酸菌は、歯周病に対する高い殺菌効果があります。

実験でも、LS1を添加して歯周病菌を培養したところ、
24時間後には、ほぼ死滅していた、という結果が出ています。

また、このLS1は「乳酸」に対して弱い、という性質を持っているのだそうです。

これはどういうことかと言いますと、一般的に、乳酸菌は糖類を栄養分にして乳酸を作ります。
「酸」という字のとおり、乳酸は酸性です。

乳酸に耐性がありますと、乳酸をたくさん作り続けてしまうので、
歯周病の代わりに、虫歯になりやすいお口の中になってしまいます。

虫歯の原因になっている「ミュータンス菌」はこういった性質を持っているので、
口の中を酸性に傾けて、虫歯にとって都合の良い環境にしてしまっていたのです。

LS1も乳酸菌なので、糖分を栄養として乳酸は作ります。

しかし、乳酸に対して、耐性が弱いために、自分で作った乳酸が一定以上になると
自滅してしまうのだそうです。

その結果、口の中が酸性の状態になることなく、悪い細菌をやっつけてくれますので、
結果、歯周病や虫歯の予防、そして、悪い細菌が減っていくので口臭も減っていくのです。

発売されたのは乳酸菌LS1の錠剤です。

使用法はいたって簡単で、毎食後に1錠、トローチのように舐めるだけです。

1ヶ月~3ヶ月くらい続けることで、お口の中の細菌層が変わってくるのだそうです。

もちろん、これを舐めていればすべてOKというわけではありません。

やっぱり、歯周病を予防するには機械的なコントロールがもっとも有効だからです。

ブラッシングや、医院でのお口の中のコントロールに加えて、
プロバイオティクスを利用した生物的コントロールを合わせることで、

より効果的にお口の中のケアが行えるようになったのです。

販売サイトはこちら→御礼★2010ショップオブザイヤー★【ランキング入賞商品】【乳酸菌含有食品】ライオン乳酸菌【L...


IT用語