乳酸菌情報局:トップ > 新谷乳酸菌
新谷弘美博士が開発した乳酸菌を新谷乳酸菌と呼びます。

新谷乳酸菌

新谷乳酸菌の画像をすぐに見たい♪

新谷弘実博士開発 新谷乳酸菌「ラクトパチルス」



健康を保ち、元気に過ごすには「乳酸菌」を増やすことが大切です。

近年、肉食や添加物の入った加工食品などを食べることが多くなり、それに伴い悪玉菌が増え、体内環境が乱れている人が多くなっています。

人は悪玉菌を嫌いますが、悪玉菌が増える体内環境を作り出しているのは自分自身なのです。

健康に過ごすには、乳酸菌が優位になるように努める必要があります。


乳酸菌は、年齢とともに減少してしまいます。

また、生活習慣の乱れや過度のストレスなどでも減少するので、「乳酸菌」を含んだ食品を積極的に摂り入れる事が健康維持には非常に大切です。

世界で初めて新谷式といわれる、コロノスコープの挿入方を考案し、開腹手術することなく大腸内視鏡によるポリープ切除(コロノスコピー)に成功した胃腸内視鏡分野の世界的権威である新谷弘実博士。

彼は日米で35万例以上の内視鏡検査と10万例以上のポリペクトミーを1例の合併症もなく成功に治め、膨大な患者の食歴・生活習慣を調査しました。

それによって導き出した、「シンヤ・ビオジマ(シンヤ健康長寿法)」は世界的に波及しています。

そんな彼が開発した新谷乳酸菌(ラクトパチルス)というものがあります。

善玉菌を増やせば、おなかは元気になります。

便秘薬はおなかの中の善玉菌まで一緒に排出してしまいます。

この乳酸菌は大豆からできた植物性乳酸菌生成エキスだから安心です。

また、この乳酸菌は無農薬有機栽培の豆乳からできています。

16種類の乳酸菌を長期間培養して、その発酵物の中から有用成分だけを取り出しています。

食生活が乱れがちな現代人のために、おなかの中の乳酸菌を増やして、お腹を元気にしたいものです。

ということで、今、話題になっている乳酸菌...新谷弘実博士が開発した新谷乳酸菌ラクトパチルスの公式サイトのご紹介です。
身体にフィットした植物由来の乳酸菌が腸まで生きて届きます。

クリック♪新谷弘実博士開発 新谷乳酸菌「ラクトパチルス」

新谷乳酸菌ラクトパチルス詳細はこちら

ラクトパチルス

IT用語